Study6           Study6
 Study6 

 
| Home top | Study top | Study1 | Study2 | Study3 | Study4 | Study5 | Study6
レギュラーになりたい!


学年が上がるにつれて試合が多くなります。また練習試合だけでなく大きな大会に出る機会もあります。そうなると自然に思う事。レギュラーになれるかな・・。子供にとってはとても希望する事ですし、親にとってはまたひとつの心配の種となります。場合によっては、レギュラーになった、なれなかったで今まで仲よくできていた関係がギクシャクと・・。
            
           
 レギュラーメンバーは、監督・コーチの選考の仕方にもよりますが、
基本的に考えれば、上手な順番に選ばれていくだろうと思うのが普通です。
でも選ばれたから安心・・選ばれなかったからもうダメだ・・と思うのは間違いではないのだろうか。ポジションの関係があるときもあり、枠があいていたり、ケガなどのアクシデントにより急に選ばれたりという事もあります。また相手チームのタイプや戦略によっては、途中交代でベンチから出るというチャンスもあるわけです。そういう時にちゃんと役割と達成していれば、また使ってもらえます。そのうちにレギュラーの子と交換までいうことだってあります。

ウチの監督さんも、常に「レギュラーの者は、安心していてはダメだ。後ろにいくらでも狙って頑張っている子がいるんだから・・。適当にプレーをしているとすぐ変えてしまうからな。」と言っています。監督さん・コーチはみんなをみています。だからレギュラーだからやった〜!でもないんです。常にレギュラー確保のプレッシャーとの戦い・・というわけです。共通していえることは、子供の意識が自分が試合に出たいと思うところにある事だと思います。自然と練習にも集中したり、自己練習もしたりするようになったり・・。レギュラーとは少年サッカーでは誰でもなれるチャンスがあり、努力すればいくらでも狙えるのではないでしょうか。
本人しだいです。

それからレギュラーになるならないにこだわらないお子さんもいます。「なんだか意識が薄い・・」と心配されるママさん・・。それはそれでいいと思います。サッカーはレギュラーがすべてではないので。お子さんに合わせて見守るのが一番。とにかくレギュラーに関しては親が子供以上一生懸命になることではなく、優越感に浸ったり、悲観的になる必要もない。
それを少し心にとめておくといいのではないでしょうか。
準備中


しばらくおまちください
@@@
 

Copyright 2005 yumemiru soccermama. All rights reserved.

 

 

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO